読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NFLオープニングナイト

 

皆さんこんにちは!

 

更新が疎らですが、どうぞお付き合いください。笑

 

本日のテーマは、タイトルにもあるように”NFLオープニングナイト"の様子をお伝えしようと思います。

このブログでは、カンザス大学の様子や、アメリカでの大学生活の他にも

こういったトピックも書かせていただきたいと思っています!

 

 

 

さーーて、アメリカ人の多くが熱狂をするスポーツといえば!

そう、アメリカンフットボールですね。

スポーツに国名を冠していしまうほどなので、アメリカ人がどれほどアメフトを愛しているか想像に難くないでしょう!

 

 

下はアメリカの調査会社、Harris Pol www.theharrispoll.com 

が2010年に出したアメリカ人の好きなスポーツに関する調査です。


1位   47% アメリカンフットボール 
2位   16% 野球
3位 9% モータースポーツ
4位 8% バスケットボール
5位 4% アイスホッケー
5位 4% ゴルフ

 

 

説明はいりませんね、もう圧倒的です。

 

 

そんなアメリカ人が大好きなアメフトを、アメリカで、アメリカ人と観戦しました。

(もちろんテレビです。)

 

 

対戦カードは昨シーズンのスーパーボウルの再戦。

カロライナ・パンサーズ vs デンバー・ブロンコス です。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160909140351j:plain

 

 

僕はかれこれ7、8年来のパンサーズファンなのですが、ここ最近のパンサーズの成長には、正直驚きを隠せません。

応援し始めた理由は後日改めて書き記します。笑

 

 

 

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160909140358j:plain

 

 

観戦の友はチップスとコーラ。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160909140401j:plain

 

 

観戦中は終始、煽りあったり興奮したり、大騒ぎ。

 

試合結果は惜しくもパンサーズは負けてしまいました。

最後のFG、1回目は成功したので『勝った!』と思ったのですが、タイムアウトがかかっており、ノーカウント。

そして次のキックは惜しくも左へ・・・パンサーズは開幕戦を落としてしまいました。

 

負けてしまいましたが、スリリングで面白いゲームだったと思います。

次からのゲームに期待しましょう。

 

 

 

そして、ここはカンザス

ブロンコスのChris Harris Jr. とAquib Taribはカンザス大学の出身なので、彼らがいいプレイをすると大騒ぎ。

試合の最初の方に選手が自らを自己紹介するのですが、『○○○、university of Kansas』と言うと皆んな大興奮。本当にどれだけ愛校心が強いんでしょうかね。

僕も騒いでましたけど 笑

 

 

 

 

そして今話題となっている、国家斉唱の問題。

49ersのQB コリン・キャパニックが『人種差別が存在する国には敬意を払えない』とし、国家斉唱の際に膝をつけて世間に抗議を示して話題となっています。

 

この試合でもブロンコスのブランドン・マーシャルが膝をつけ、この動きに続きました。

 

友達の一人は典型的な白人(ものすごく良い人です)なので、『これには賛同できないな』と言っていましたし、他の友達は『人種差別が残っているのは事実だと思う』と、賛否両論でした。

スポーツを通して、こういった議論が目の前で起こるのは初めての経験でしたので

かなり驚きました。

 

ただ、一スポーツ選手の行動が、ここまで世間に影響を与えるという事実は、アメリカ人にとってのスポーツの持つ意味、そしてアメリカという国が抱えている様々な問題を、スポーツを通して見ることができたと思います。

 

 

この動きはこれからどうなるのでしょうか。

NFLと共に引き続き注目をしていきたいと思います。

 

 

 

それではまた。

 

 

カンザス大学でのスポーツ観戦!①

 

授業が始まると、更新が滞ってしまいますね。笑

マイペースにブログを運営していこうと思いますので

お付き合い、どうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、カンザス大学といえばバスケの超名門校。

その熱と規模は凄まじいです。

 

しかしそれらは、バスケだけにとどまることはなく様々な競技にも現れており、

多種多様なスポーツが盛んに行われ

多くの生徒達がStudent Athleteとして活躍しています。

 

今回は、その内の一つである女子サッカーの試合(コロラド大学 vs カンザス大学)に足を運んだので、その模様をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

試合会場:Rock Chalk Park

カンザス大学専用のサッカースタジアムです

 

https://www.google.com/maps/place/Rock+Chalk+Park/@38.9810298,-95.3323817,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x87bf6c37c4af47c3:0xcb2513136d3901df!8m2!3d38.9810298!4d-95.330193

 

 

 

チケットを買うゲートと

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160901135429j:plain

 

 

 

エントランス

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160901135410j:plain

 

 

 

中に入ると芝の綺麗なピッチがあります。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160901135739j:plain

 

 

 

もちろん、オフィシャルグッズショップもあります。(高いですが・・・)

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160901135725j:plain

 

 

 

ボールボーイならぬ、ボールガールがいました。

この試合をサポートしてくれているボランティアの子たちです。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160901135905j:plain

 

 

 

試合前にある国家斉唱。

フライオーバーはありません 笑

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160901140030j:plain

 

 

 

 

エンジンを組んでキックオフ!

 

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160901140313j:plain

 

 

 

試合中の写真は撮っていませんが、

最終スコアは1−0でカンザス大学が勝利しました。

 

相手チームに長身のフォワードがいたので、彼女へのクロスが一つの武器だったようですが、ロングボールを入れさせないカンザス大学のディフェンスが光っていました。

 

また、アグレッシブにシュートを狙いに行くスタンスも良かったと思います。

最終スタッツでは、相手の3倍ものシュートを放っていました。

 

 

 

試合自体はスリリングな展開ではありませんでしたが

 

この試合ではとっっても珍しいプレーが見れました。

それは”ハンドスプリングスロー”です。

 

(わからない方はこちら ↓ )

 

www.youtube.com

 

海外リーグや、日本代表戦の試合など、テレビでは見たことありましたが

生でハンドスプリングスローを見たのは初めてだったので、驚きました。

 

しかも、しっかりと距離の出るスローイングだったので、

立派に一つの作戦として機能していました!

 

 

 

 

 

この試合はカンザス大学のお膝元、ローレンスの町に住むキッズたちが来ていました。

とりわけ、ボールガールをしていた子たちは地元のサッカーチームに所属していたようで、彼女たちは真剣にプレーを見ていました。

未来のジェイホーカーでしょうか。笑

 

 

この試合の一般的な入場料は5ドル程度です。

僕は一応、カンザス大学の生徒なので入場料は無料でした。

 

しかし、ナチョスとコーラを買ったところ、2つ合わせて10ドルだったのはいただけなかったですね。笑

さすがに高すぎます。

 

会場内のフードで儲けるのは、どこの国のどんなスポーツでも同じみたいです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、こちらはフィールドの全体写真です。

和やかな雰囲気で、観戦しやすかったです。

何より、とおーーくに見えるキャンパスがキレイでした!

 

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160901140151j:plain

 

 

 

それではまた。

 

 

Rock Chalk, Jayhawk !!!  

 

カンザス大学のBook Store

 

ブックストア

直訳すると『本屋』さん

教科書を買う場所ですね。

 

アメリカの大学にあるブックストアは、教科書を買う場所と兼ねて

大学のオフィシャルグッズショップにもなっています。

 

スポーツの強い大学や有名な大学の場合、その大学のロゴが入ったグッズは

プロスポーツチームのグッズのように扱われます。

 

そして、カンザス大学もそのうちの一つ。

 

そのため、カンザス大学のブックストアは、キャンパスに恥じぬくらい広いです。

 

 

全米有数の強豪バスケチーム

The Universtiy of Kansas Jayhawksのオフィシャルショップでもありますから

店内はもちろんカンザス大学グッズだらけ。

 

今回も写真を多めに、カンザス大学のブックストアをご紹介いたします。

 

 

 

 

まずはエントランス

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823114513j:plain

 

 

中に入ると〜

 

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823114906j:plain

 

 

カンザス大学のグッズだらけ

 

 

バスケのユニフォームに

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823121656j:plain

 

 

オーセンティックのバスパンも。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823114849j:plain

 

 

ユース(子ども用)商品も充実。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823114909j:plain

 

 

 

本当に様々な物が売っています。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823114910j:plain

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823122010j:plain

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823122018j:plain

 

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160823114905j:plain

 

 

小さい頃にトイザらスで感じた、あの興奮をここで感じる事ができます。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

ただこのショップ、購買意欲をそそられるんですが割と高い。

 

スポーツ特待生なんかは貰えたりするらしいんですが、僕はただの留学生。

 

あぁ、彼らが羨ましい限りです。

 

 

 

Rock Chalk, Jayhawk !!! 

 

 

充実しすぎのレクリエーション施設

 

カンザス大学は学生数3万人を超える巨大な大学です。

 

 

しかし、位置する場所はカンザスの田舎町。

 

娯楽もありません。

 

 

さて、なにが必要か!

 

それは、学生が楽しめるレクリエーション施設です。

 

というわけで、本日は学生のためにつくられた

レクリエーション施設についてお話をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

"David A. Ambler Student Recreation Fitness Center"

 

 

エントランス

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144556j:plain

 

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144559j:plain

 

 

 

バスケ、バレー、バトミントンなどができるフロアが

なんと、合計で8面以上。

 

普通の中学校や高校にある体育館の10個分くらいです。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144603j:plain

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144610j:plain

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144636j:plain

 

 

 

そびえ立つようなボルタリング施設

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144553j:plain

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144626j:plain

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144630j:plain

 

 

 

スカッシュコートに

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144616j:plain

 

 

多種多彩なトレーニング器具

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144623j:plain

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144632j:plain

 

 

 

インドアサッカーコートに

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144620j:plain

 

 

バーチャルゴルフ。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144643j:plain

 

 

 

施設を囲むようにある、ランニング用トラック

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160819144639j:plain

 

 

もちろん、ロッカールームとシャワーも完備されています。

 

この施設とはまた別の場所に、水泳施設とテニスコートもあるのですから

アメリカ人のスポーツに懸ける情熱は、凄まじいですよね。

 

 

 

スポーツ好きの人にとっては、まさに夢の国。

 

 

 

しかし、いったいいくらかけているんでしょうか・・・・笑

 

 

 

 

Rock Chalk, Jayhawk !!! 

 

 

ダウンタウンにあるコアなショップ

 

前回と前々回で、カンザス大学におけるジェイホーカー教育と

ローレンスの町におけるジェイホーカー教育をお届けしました。

 

本日は番外編?ということで、カンザス大学のお膝元、ローレンスの町のダウンタウンでみかけた面白いショップについてお話ししようと思います。

 

 

 

ローレンスのダウンタウンは綺麗な街並みです。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160818125424j:plain

 

チェーン店のショップというよりかは、個人経営の店が多いです。

 

 

 

 

そんなダウンタウンでこんなショップを見つけました。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160818125419j:plain

 

『Rally House』

 

ここはカレッジグッズやプロスポーツグッズなどを売っている

全米チェーンのスポーツショップです。

 

カンザスにあるショップなので、もちろんカンザスに関係するチームのグッズだらけ

 

 

 

主に取り扱っているチームは

 

カンザスシティ・ロイヤルズ

カンザスシティ・チーフス

スポルディングカンザスシティ

カンザス大学    (KU)

カンザス州立大学(K-State)

 

 

ファンだったら、たまらないでしょうね

 

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160818125421j:plain

 

 

 

 

そして、このショップではこんなTシャツが売っていました。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160818125417j:plain

 

ニック・コリソンのサンダー Tシャツ

ジョエル・エンビートのシクサーズ Tシャツ

 

なんでこの組み合わせなんですかね?

 

 

ニック・コリソンはサンダーがシアトルから移転してきてから、サンダー 一筋。

サンダーのゴール下を守り続けている、優秀なプレイヤーです。

 

ジョエル・エンビートは、そのサイズからは想像できないほどの身体能力を持ち

未来のスーパースターとして、2014年のドラフトで指名されながらも、怪我の影響で

未だNBAの出場警経験は無し。(早くも期待はずれの声が・・・)

 

レブロン・ジェームズや、ステフ・カリーのグッズは置いてないのに

スーパースターとは言い難い2人のグッズが売っているのはなぜでしょうか。

 

それは彼らが ”カンザス大学のスター選手だったから” なんです。

 

 

需要がなければ、このグッズは売られないはず。

ローレンスの人々は、カンザス大学で活躍した選手をいつまでも応援し続けているんですね。

 

 

 

 

ショップには、もちろんこの選手のジャージーも売っていましたよ。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160818131702j:plain

 

NBAのライジングスター

アンドリュー・ウィギンス!

 

 

 

 

 

 

ローレンスのダウンタウンに訪れた際は

ちょこっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

(相当な用事がないと、来る事はないと思いますが・・・笑)

 

 

 

 

『Rally House』

 

Rally House Thank You
 
Store 014 - Lawrence
921 Massachusetts St.
Lawrence, KS
785.841.1300

 

 

Rock Chalk, Jayhawk !!!

ジェイホーカー教育 ②

 

皆さんこんにちは

前回は、カンザス大学におけるジェイホーカー教育についてお伝えいたしました。

 

本日は ”ローレンスの町の人々にとってのジェイホーカー教育” についてお伝えします。

 

 

 

カンザス大学のあるローレンスという町はアメリカの中西部にあり

隣州(ミズーリ州)のビッグシティであるカンザスシティから

車で約1時間くらい走ったところにあります。

 

町の人口は約9万人弱、そしてカンザス大学の学生数は約3万人。

 

例えば、ダウンタウンにあるスターバックスに入りますよね、

その店に10人いたら、カンザス大学の学生は3人を越えます。

卒業生や、職員、ボランティアスタッフとして関わっている方も多いので

カンザス大学の関係者となるともっと多いかも知れません。笑

 

とにかく、大学と町は深く結びついています。

 

町にいる子どもたちには、カンザス大学のシャツを着てる子も多いですし

実際に彼らが成長をしていく中で、カンザス大学は深く関わっています。

 

 

それがよく分かる画像がコチラ。

 

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160816134102j:plain

 

 

『I want to be a JAYHAWK』

 

これはカンザス大学内にある本屋さんでの写真ですが

町にもこんな感じの本が売られています。

 

 

 

こちらの本のタイトルは『初めてのカンザス ワード』

小さい子に読ませる絵本ですね。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160816134404j:plain

 

 

 

 

最初のページがこれです。

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160816134409j:plain

 

クリムゾン & ブルー

 

大学のイメージカラーですね 笑

 

 

 

 

 

そして最後のページには・・・

 

f:id:jazznation7ubuntu:20160816134412j:plain

 

『The University of Kansas』

 

 

 

 

これを生まれた時から読まされていては、カンザス大学の影響を受けますよね。

 

 

また、田舎町で娯楽も少ないため大学のスポーツチームの試合がある日には

町中の人たちがスタジアムやアリーナにやってきます。

 

 

 

このように、ローレンスの町とカンザス大学の関係は

切っても切れないほど強いのです。

 

 

大学があるから町があるのか、

町があるから大学があるのか。

 

どちらでしょう。

両方ですね。笑

 

 

 

 

 

 

 

Rock Chalk, Jayhawk !!!

 

 

ジェイホーカー教育 ①

 

皆さんは、自分の大学に愛校心を持っていますか?

 

僕は大学にお世話になっているので、ある程度の愛校心はありますが

それほど強いものではありません。

 

 

しかし、ここカンザス大学では、通っている大学生の多くが愛校心に満ちています。

かく言う僕も、その一人。

交換留学生なので、正規の学生ではありませんが

来て一週間足らずでカンザス大学への愛校心が芽生え始めています。

 

それは、なぜか。

カンザス大学での愛校心教育が凄いから!”これに尽きます。

 

『え?なにそれ?洗脳?』と思うかも知れません。

そうです、洗脳です。笑

 

 

こっちに来て、まず初めにやったこと

それは先日ブログでお伝えした "Rock Cahlk Chant" を覚えることでした。

 

大きなホールに集められ、皆んなでこの(以下)ビデオを見ます。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

カンザス大学に通う学生が一体となって歌う様子は、”圧倒”の一言。

 

これはもう、覚えるしかありません。笑

 

 

 

 

続いてはファイトソングのリズムを覚えます。

 

このビデオも見せられました。

 

 

www.youtube.com

 

これも、皆んなで練習します。

 

一人一人の拍手が集まり、大きな拍手になった時

『あ、自分はカンザス大学にいるんだな』と感じます。

 

こうして徐々に、いや急速にジェイホーカーマインドになっていくのです。

 

 

 

このジェイホーカー教育はカンザス大学だけではなく

大学のお膝元、ローレンスの町と人々にも大きな影響を与えています。

 

 

 

次回は、ローレンスの町におけるジェイホーカー教育についてお伝えします。

 

Rock Chalk, Jayhawk!!